浪乃花 教天 (naminohana.k)

●本名
工藤和博
●生年月日
1969年3月19日
●最高位
小結
●初土俵
昭和59年5月
●新十両
平成2年11月
●新入幕
平成4年9月
●最終
平成9年3月
●所属
二子山部屋
●出身地
青森市浪岡(旧南津軽郡浪岡町)

小学校2年生の頃から元花篭部屋の幕下荒浜の指導で相撲を始め、町内の相撲大会では3年生の時に4年生の部で優勝を始めとする活躍をした。
浪岡中学では陸上部に所属し、県大会400mリレーでアンカーを務め優勝。将来は体育大学へ進学し体育教員を志していたが、、、、
荒浜氏の紹介で家へ訪ねて来た先代二子山親方から勧誘され、入門を決意する。
決して大きくない体格。日々の猛稽古と持ち前の運動試験で補い、得意の突き押しと、前にでる相撲で紆余曲折を経ながら4度幕内に上がり、平成6年九州場所では10勝5敗の成績で敢闘賞を受賞、翌平成7年春場所には小結に昇進した。
引退のきっかけとなった左ヒジの怪我。手術はするが、自分らしい相撲が取れない事に限界を感じ引退を決意。
28歳の若さで現役生活にピリオドを打つ。