第1回お役立ちスポーツセミナー レポート

日にち2014年5月26日(月)
場所三井住友海上火災保険株式会社 大阪淀屋橋ビル 3F大会議室A
参加アスリート立花龍司さん
参加人数58名

アスリート街.com主催の第一回『元アスリートお役立ちセミナー』が5月26日(月)に開催されました。スポーツ指導者・スポーツメーカー・学生を中心に58名の参加を頂きました。

セミナー内容は、第一部が三井住友海上あいおい生命のチーフファイナンシャルコンサルタントの堀田裕之氏を、講師として迎え、『生涯を通してスポーツを楽しめるマネー管理とリスク管理』と題して、スポーツをしている事の下支えや、お金にまつわる事、ライフプランの作成手順などを教えて頂きました。

ある学生は「自分たち野球部が、このようなお金や親の苦労の基、野球が出来ていたのだ…」や、スポーツ指導者の皆さんも「人を預かる以上、事故や事件など、リスクに金銭的な保障はなくてはならないね。」と様々な意見を語っておられました。

また、第二部は、近鉄・千葉ロッテ・楽天でコンディショニングコーチを歴任。更に、日本人初のメジャーリーグコーチとしてニューヨーク・メッツでも、指導経験のある立花龍司氏をお招きして『誰でも出来るポジティブシンキング』と題して、コーチングやマネジメント組織論、スポーツの現場だけでなく、広く一般に生かされる、「導き・支え・伸ばす」考え方を伝授して頂きました。立花氏の「指導者はスタミナがいる、体力的な部分でなく、生徒や部下に対して、命令絶対服従型指導ではなく、どの質問から気付かせる事が出来るのか?探し続ける能力が必要である。」と語り、「だからこそ、指導者・上司は、勉強をし続ける事が必要だ。」と皆さんに語りかけると、一同、気の引き締まる雰囲気になっておられ、ある学校の先生からは、「指導者の勉強をする機会がなかった、本当に役立ちました。」と私達主催者に感謝の言葉を頂きました。

両名は懇切丁寧に、スポーツに関連する、まさに『お役立ち情報』を伝授してもらい、アスリート街.comの初企画を大いに盛り上げて頂きました。

立花龍司氏のように、プロ野球の現場だけでなく、『トレーニングジムオーナーや、社会人野球指導・病院内施設のアドバイザー』など、どのような状況下でも、仕事を成就される秘密を垣間見れたり、アスリート街に登録・掲載されている方も、様々なスポーツおよび事業を経験されておられ、このような経験を、広く皆様へ
お伝えする企画が、『元アスリートお役立ちセミナー』です。

今後も『セミナーに参加したい。』『アスリート街に登録されている元アスリートのセミナーをしてもらいたい。』など、お問い合わせください。

次回は、6月24日(火) 東京での開催予定です。

自分のセミナーが終了し、立花氏のセミナーを聴講中の堀田氏