藤田 宗一(fujita.s)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●出身地
京都府綴喜郡八幡町
●生年月日
1972年10月17日
●投球・打席
左投左打
●ポジション
投手
●プロ入り
1997年 ドラフト3位
●初出場
1998年4月4日
●最終出場
2011年10月22日
●600試合登板
2011年10月22日
(※史上36人目)

長崎県の私立島原中央高等学校に野球留学した後、社会人野球・西濃運輸硬式野球部に入部。
1996年社会人野球日本選手権大会準優勝、翌年都市対抗野球大会ベスト8入り等に貢献し、1997年のプロ野球ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位で指名されて入団。
ルーキーイヤーの1998年4月4日の近鉄戦の8回に初登板。4月11日の西武戦で初セーブ、5月4日の西武戦で初勝利を記録。同年はチーム2位の7セーブを挙げる。1999年は65試合登板でリーグ最多試合登板。以後中継ぎを担うことになる。2000年に70試合登板で2年連続最多試合登板。最多ホールドのタイトルを獲得。
2001年、オールスターゲーム出場。
2005年、ロッテの勝利パターン継投「YFK」の一角として31年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。
2006年、WBC日本代表に選ばれ、優勝メンバーとなる。
2007年、連続リリーフ登板が512試合連続となり、パ・リーグ新記録を達成(初登板から500試合連続リリーフ登板は史上初)
2008年、日本記録となる527試合連続救援登板を達成