金石 昭人 (kaneishi.a)

●出身地
岐阜県加茂郡白川町
●生年月日
1960年12月26日
●投球・打席
右投右打
●ポジション
投手

PL学園高校在籍時は、投手として春・夏と甲子園に2度出場
1979年、広島に入団
プロ入り後
4年目の1982年に一軍初登板
7年目の1985年に一軍に定着。
1986、身長が生み出す落差あるフォークを武器に、26試合登板12勝6敗
防御率2.68という記録を残し、同年のリーグ優勝に貢献。
1992年に日本ハムに移籍し14勝をあげ復活を果たす。
1993年、リリーフに転向して9勝13セーブの好成績を残し
田村藤夫と共に最優秀バッテリー賞、以降は抑えの切り札として定着した。
1998年、読売ジャイアンツに入団。開幕戦で移籍後初セーブを上げる。
同年限りで現役引退した。
引退セレモニーはPLの後輩吉村禎章や広島時代からの同僚川口和久と共にレギュラーシーズン・東京ドーム最終戦で実施された。

引退後
翌1999年からテレビ東京で野球解説者を務める。
2004年、日本ハムの北海道移転に伴い北海道放送の解説者に就任。
2005年、スカイ・A(2011年まで)
2012年、J SPORTSの解説も務めている。
さらに解説者業の傍ら、東京都品川区の『寿司 かねいし』と港区に二店舗、広島風お好み焼き・鉄板焼き店『かねいし』を元バドミントン選手の陣内貴美子さんと夫婦で経営している。