加藤 将斗(kato.m)

●出身地
大阪府岸和田市
●生年月日
1972年7月23日
●投球・打席
左投左打
●ポジション
投手
●プロ入り
1990年 ドラフト3位
●初出場
1993年4月10日
●最終出場
1997年6月8日

●経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
東北高等学校
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ (1991 – 1998)

東北高校3年時、春の甲子園に出場。高校時代は通算40勝2敗で2年生の秋には明治神宮大会で優勝投手も経験している。
1991年にドラフト3位で横浜大洋ホエールズに入団。左腕からのキレのよい速球とカーブで期待され、3年目の1993年に中継ぎ要員として1軍定着。1994年からは先発ローテに加わり、9月23日の巨人戦では桑田真澄との投手戦を制しプロ初完封を記録。野村弘に続く左腕投手として期待を寄せられる。しかし、同年オフの「プロ野球12球団対抗新春リレーマラソン」で左足ふくらはぎの肉離れを負って以後は低迷。1998年に26歳の若さで現役引退した。