西脇 威夫(nishiwaki.t)

1996年に弁護士登録をして以来、企業法務を専門として、国内・海外の渉外法律事務所にて、国内外のベンチャー企業から大企業まであらゆるお客様の問題に対応してきました。
また、外資系企業で社内弁護士として法務のマネージャーを務めた経験があり、企業内組織の在り方にも精通し、お客様が弁護士に求めるものをより深く理解しています。
2012年8月に独立し、西脇法律事務所を設立。
スポーツブランドのナイキジャパンで法務部長として企業内弁護士の経験もあり、契約案件だけでなく、訴訟、労働問題も当事者として処理いたしました。
また、体育会出身の経緯から、スポーツ分野にも継続して携わっており、プロスポーツ選手代理人、スポーツ事故訴訟、スポーツイベント、スポーツクラブにおけるリスクマネジメントに関するアドバイス等も行っております。