織戸 克久(orido.k)

小学校では野球、中学・高校では柔道に打ち込み、習志野高校では団体の部でインターハイに出場。社会人になってからはバレーボールを始めた。娘のバレーボールチームにて指導もこなす。
3年前にオービックシーガルズの社長と面会し、「アメフトを通じて青少年育成を」との想いに賛同、試合観戦にも行くようになり、チーム愛が深まるきっかけに。現在は習志野応援団の団長を務め、チームや選手をより多くの人々に知ってもらうための活動を行っている。