矢野 通(yano.t)

●生年月日
1978年5月18日
●出身地
東京都荒川区
●所属
新日本プロレス

7歳から父の指導のもと、アマレスをはじめる。京北中学校・高等学校時代には全国高校選抜レスリング選手権、全国高校総合体育大会と様々な全国大会で優勝を果たした。卒業し日本大学進学後も、世界学生選手権日本予選97kg級で優勝。全日本学生選手権ではフリー、グレコの両部門にて制覇しており様々な大会を制する。
大学卒業後の2001年4月、新日本プロレス傘下の闘魂クラブに入団し、2002年より新日本プロレスに入門。2004年からヒールへと転向、金髪・田吾作タイツ・半被・下駄という酒飲みキャラに扮する。ヒール職人に師事し、反則負けを幾度となくやってきた。2005年には海外武者修行へ。帰国後は「ブラック・ニュージャパン」入りし、真壁刀義とともに反則三昧のプレーを展開した。2006年からは石井智宏と「平成の極道コンビ」という名目でタッグを組むようになり、後に天山広吉ら「G・B・H」に石井と共に合流。以降は天山・真壁をサポートする役割に徹していたが、2007年WEWヘビー級王座を獲得。同年には真壁とのタッグでプロレス大賞最優秀タッグ賞を受賞した。2008年両国大会で真壁と共にIWGPタッグ王座を奪取し第51代王者に君臨。以降4度の防衛に成功し王座を守り続けた。2011年からはヒールでありながらコミカルな面が顕著に見られるようになり、二面性を持つレスラーとして観衆から支持を得る。
ヒール転向後はラフ殺法を織り交ぜた悪党ファイトを主体に相手を小バカにする挙動が目立っているが、前述のようにコミカルな一面も備わっており、ごく稀にバックボーンであるレスリングを生かした身のこなしを魅せることもある。また、ほとんどの技の名前は酒の銘柄やそれに関連する言葉が由来となっている。