第5回キャンプレポート【沖縄2日目】


中根のキャンプレポート〜沖縄編〜【二日目】

今日はじっくり我が故郷、横浜ベイを見て来ました!

本レポート開始して、初めてブルペンへε=ε=┏(・_・)┛
何と入団一年目にして大活躍の濱口投手と昨年の開幕投手、石田投手が投げてました。濱口投手はイマイチ球にキレを感じれず、少し心配(;^_^A
でも昨年あれだけ活躍した投手、これから調整していくと思います。
次に石田投手、さすが昨年の開幕投手、キレの良い球を投げてました!
今年も間違いなく、開幕投手の一人になるかと。

さて、次は今回一番見たかったDeNA期待の若手、細川外野手。
昨年は高卒一年目でありながらCSでの活躍。そして今シーズンは梶谷とライトのポジションでレギュラー争いをしている。

外野手へコンバート2年目!
そんな彼の守備はどうだろう?
まずは打球判断!
動きを見ていると、まだまだ経験不足って思ってしまう。飛球に対して落下地点までの速さは、まだまだ一軍レギュラーレベルに達していない感じかな。
長所である強肩でカバーしたい所。
まだ捕球から送球へのタイミングが合っていない為、送球が少しばらついていた。あとは開幕までにベンチが目を瞑れるレベルまでになっているのか?ってところか。
レギュラーを取るためにも、外野手としてもう一段階、状況判断、捕球体勢、ステップなどを細かく身体に染み込ませて欲しい。

打撃
相変わらずのパワーだ!(@_@)
スイングスピードも人並みはずれていて、惚れ惚れする!(@_@)
技術的な部分だが、まずバットを肩に担いで構える。投手のモーションに合わせ、そこからバットを立ててタイミングを取る流れ。

打撃練習では投手が一定のタイミングで投げてくれる。またバッターも自分のタイミングでスイングが出来る。しかしゲームになるとどうだろう?
相手投手は色々な事を考えタイミングを外してくる。その中で一番気になる事が「クイック」に対するタイミングの取り方はどうなのか?
クイック時は自分のタイミングやスイングが出来て無い事が多く、走者有りの時は細川の長打力が影を潜めてしまう可能性が高い。
一軍で活躍する選手は、少なくとも2種類のタイミングの取り方を持っている。

ゲームの打席で、自分のタイミングでスイング、持ち味である長打力を発揮、そして試合で結果を出す事が出来るのか?
ここの部分が課題になりそうな気がする。

ベイスターズは勿論、日本球界でも右の大砲は貴重な存在!細川選手、めっちゃ期待してるぞ \( ˆoˆ )/

(トレーニングチューブを渡しました!)

横浜ベイに長く居すぎて、慌てて浦添に!
こちらは既に投手の練習は終わっており、打撃練習を視察。
昨年より活気がある感じだ。
何と今年3年目で、レギュラー取りを大きく期待されてる廣岡選手の居残り特打を見ることが(・_・)
全体の感想はキャンプ終盤、さすがに疲れが溜まってる感じかな…
本人曰く、全然平気です!とは言ってましたが。
ただ芯を捕らえた打球はさすがだ。
ヤクルトは今年初めの評価は低いが、青木選手の加入、川端選手の復帰と明るい話題も有るので、投手陣と打撃陣が噛み合うと面白い存在になるかも♪~(・ε・ )

(廣岡選手にも、トレーニングチューブを渡してきました!)