【浪乃花教天の春場所ぶちかまし!】大相撲三月場所(大阪) - 初日 –

平成最後の大相撲本場所!大阪エディオンアリーナにて熱い熱い15日間が本日よりスタートです。

初日

勝ち □負け

嘉風○ ― ●明生

立合い明生が踏み込み嘉風は相手をしっかり見て遅れぎみで立ち頭を下げ前傾姿勢をとり明生は左を差し前に出ようとするが嘉風が右から押っつけ土俵中央で攻防が続き明生が又左を差したところを嘉風が右から軽く押っつけ圧力をかけ明生の足が揃ったところをタイミングよくはたき込んで勝負を決める。
嘉風は流石ベテランといった感じで相手の力を上手く利用して白星を手にしました。

竜電○ ― ●矢後

立合い竜電の踏み込みよく矢後は中に入れまいと突き放していき竜電は右から押っつけ左を差し左四つに組み合い前に攻めながら下手を引き上手も狙うが矢後が先に上手を引きそこを竜電は下手投げで攻め矢後の足が揃いながれたところを上手く差し手の肩を開き下手投げで勝負を決める。
竜電は先に先に動きいい攻めでしたが上背があるのだから上手から攻めるようになると面白いですね。

隠岐の海● ― ○阿武咲

阿武咲は頭であたり右のどわで隠岐の海の上体を起こし頭であたりながら突いて一気に前に攻め押し出して勝負を決める。
阿武咲は隠岐の海になにもさせず厳しい一気の攻めでいい相撲でした。

錦木● ― ○玉鷲

お互い頭であたり合い玉鷲は突いて前に攻め錦木が何とか中に入ろうとするが玉鷲はそこをのどわで錦木の上体を起こし前に攻め押し出して勝負を決める。
玉鷲は徹底的に突いて攻めいい相撲でした。

貴景勝○ ― ●妙義龍

お互い頭であたり貴景勝が妙義龍を突き起こして攻め妙義龍がまともに引いたところを一気に出て押し出して勝負を決める。
貴景勝は大関のかかる場所の初日プレッシャーも感じさせないいい相撲でした。

御嶽海○ ― ●鶴竜

立合い頭であたり合い横綱が突いて攻めるも御嶽海を押し込めず我慢できずに引いていなして攻め御嶽海はそこを逆にいなし一気に前に出て送り出して勝負を決める。
御嶽海は我慢して前傾姿勢を保ち勝負どころを一気に攻めるいい相撲でした。

初日、横綱鶴竜が負け大関を狙う貴景勝、玉鷲が共に白星発進!残り14日間楽しみです。

浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
1969年3月19日生/青森県出身

1984年(昭和59年)二子山部屋入門
1984年(昭和59年)5月場所 – 初土俵
1990年(平成2年)11月場所 – 新十両
1992年(平成4年)9月場所 – 新入幕
1994年(平成6年)11月場所 -敢闘賞受賞
1995年(平成7年)3月場所 東小結昇進
1997年(平成9年)3月場所 – 引退

バックナンバーはこちら >>