【浪乃花教天の春場所ぶちかまし!】大相撲三月場所(大阪) - 十一日目 –

===ここに浪乃花さんからいただいたWordの文章をコピーして貼り付け===
初日

勝ち □負け

朝乃山● ― ○竜電

立合い竜電は踏み込んで頭であたり朝乃山は胸で受け突いていくが竜電は下からはねあげ、前に攻めながら左の上手を引き右を差して下手も引き頭をつけ動きが止まり朝乃山が左を巻きかえにいきそこを竜電は両廻しを引き付けてじりっじりっと前に攻め寄り切って勝負を決める。
竜電は急がず慌てずじっくり時間をかけて攻めいい相撲勝ち越しを決めました。

嘉風○ ― ●阿武咲

お互い頭であたり阿武咲は踏み込んで突いて前に攻め嘉風は下からあてがい逆に押し返し圧力をかけタイミングよくはたき込んで勝負を決める。
嘉風はしっかり圧力をかけてからのはたき込みで勝ち越しを決めました。

御嶽海○ ― ●大栄翔

お互い頭であたり大栄翔は突いて攻めるが御嶽海は下がらず下から手を出して前に攻め押し出して勝負を決める。
御嶽海は今日は前傾姿勢を保ち下がらず攻めいい相撲でした。

玉鷲● ― ○鶴竜

お互い頭であたり玉鷲は突いて前に攻め横綱は下がりながら右突いて玉鷲がバランスを崩したところを引き落として勝負を決める。
物言いがつきましたが、軍配通り横綱が勝ちました。

白鵬○ ― ●貴景勝

立合い貴景勝は頭であたり横綱は右からかち上げていき貴景勝は頭であたり突いて頭であたり突いて横綱は叩いて右から張るが貴景勝は構わず前に攻め又横綱は叩くが貴景勝は突いて攻め横綱は左で上手を引き右を差して上手投げで勝負を決める。
貴景勝は前に前によく攻めましたが横綱に廻しを取らせては相撲になりません!

上位陣の星のつぶし合い!そして平幕で1敗の逸ノ城2敗の琴奨菊に碧山の存在もあり優勝争いが益々面白くなってきました。明日の取り組みが楽しみです。

浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
1969年3月19日生/青森県出身

1984年(昭和59年)二子山部屋入門
1984年(昭和59年)5月場所 – 初土俵
1990年(平成2年)11月場所 – 新十両
1992年(平成4年)9月場所 – 新入幕
1994年(平成6年)11月場所 -敢闘賞受賞
1995年(平成7年)3月場所 東小結昇進
1997年(平成9年)3月場所 – 引退

バックナンバーはこちら >>