【浪乃花教天の名古屋場所ぶちかまし!】大相撲七月場所 - 七日目 –

七日目

勝ち □負け

十両

貴ノ富士(5勝2敗)○ ― ●琴ノ若(2勝5敗)

立合い琴ノ若は左前廻しを狙うが貴ノ富士は突いて立ち廻しを与えず右四つに組み合いお互い下手を引き土俵中央で動きが止まり次第に貴ノ富士がじりっじりっと圧力をかけて攻め琴ノ若の足が俵にかかり貴ノ富士が仕掛け琴ノ若は貴ノ富士の差し手を抱えて小手に振ろうとするが貴ノ富士は上手く体を寄せて前に攻め寄り切って勝負を決める。琴ノ若は何か中途半端に感じてしまう。負けることを恐れず若さ溢れる相撲を取ってほしいですね。

幕内

阿武咲(3勝4敗)○ ― ●大翔鵬(3勝4敗)

立合い阿武咲は頭で当たり右ハズ左押っつけで大翔鵬を一気に攻め押し出して勝負を決める。阿武咲は今日も立合いが良く 自分の相撲を取りきることができた。この当たりで後8日間暴れてほしいですね。

明生(1勝6敗)○ ― ●宝富士(2勝5敗)

立合い明生は頭で当たり右、左と差し宝富士は左からいなし明生の両差しを外からキメル様に抱えて攻め左から投げにいったところで明生は右足を外からかけ宝富士が引いたところを攻め寄り切って勝負を決める。明生は両差しになり宝富士にきめられそうになるが我慢して足をかけ宝富士の体をのびあがらせ引いたところを前に攻め今場所の初日を出しました。まだ八日間あるのでここからです。もっともっとスピードと切れのある相撲を見せてほしいですね。

阿炎(2勝5敗)● ― ○北勝富士(4勝3敗)

立合い北勝富士は踏み込んで左に変わりぎみにいき阿炎は両手突きでいくが自分の距離感がつかめず下がりながら土俵際いなして回り込もうとするが北勝富士は構わず前に攻め押し出して勝負を決める。阿炎は立合いが悪く最後まで自分の距離になれず突いて出ていく事が出来なかった。

竜電(3勝4敗)○ ― ●玉鷲(1勝6敗)

立合い頭で当たり合い玉鷲は突いて前に攻め竜電は土俵際両足で残り左に回り込みながらいなし玉鷲の体が泳いだところを前に突き出して勝負を決める。
竜電は土俵際慌てず立合いしっかり当たっているため余裕をもって回り込む事ができた。ただやっぱり前に攻める相撲が見たいですね。

御嶽海(5勝2敗)○ ― ●朝乃山(2勝5敗)

お互い立合いは頭で当たり御嶽海は突いて前に攻め朝乃山が引いたところを更に攻め朝乃山は土俵際右を差して残し土俵中央迄押し返し御嶽海は下からハズに入り一気に攻め押し出して勝負を決める。朝乃山は御嶽海に先に先に攻められ何も出来なかった。これが上位の壁でしょう。朝乃山はもっと稽古を積んで立合いのスピード、破壊力をつけて欲しいですね。御嶽海はハズに入ったら前に出る!体の反応がいいですね。

浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
1969年3月19日生/青森県出身

1984年(昭和59年)二子山部屋入門
1984年(昭和59年)5月場所 – 初土俵
1990年(平成2年)11月場所 – 新十両
1992年(平成4年)9月場所 – 新入幕
1994年(平成6年)11月場所 -敢闘賞受賞
1995年(平成7年)3月場所 東小結昇進
1997年(平成9年)3月場所 – 引退

バックナンバーはこちら >>