【浪乃花教天の名古屋場所ぶちかまし!】大相撲七月場所 - 九日目 –

九日目

勝ち □負け

十両

琴ノ若(4勝5敗)○ ― ●荒鷲(4勝5敗)

立合い荒鷲は右差し左上手を狙うが琴ノ若はゆるさず両差しになり前に攻め荒鷲はキメテ堪えて押し返し琴ノ若も負けじと押し返し荒鷲は左足をとばしそこを琴ノ若は構わず前に攻め寄り切って勝負を決める。琴ノ若はキメラレても蹴られても我慢をして攻めたのが良かったですね。

幕内

琴奨菊(5勝4敗)○ ― ●阿武咲(4勝5敗)

立合いお互い頭で当たり合い阿武咲は両ハズで前に攻め琴奨菊が土俵際堪えて阿武咲の左足が流れたところを琴奨菊はタイミングよく左手で阿武咲の右手を外し引き落として勝負を決める。阿武咲は両ハズで前に攻めましたが上体の力と言うか腕だけの力で前に攻めているため足が流れバランスを崩したのでしょう。腕だけで攻めると頭が上がり力が相手に伝わらない。両ハズに入ったらしっかり体を丸め頭をつけて攻める事が大事です。

朝乃山(4勝5敗)○ ― ●竜電(3勝6敗)

立合い竜電は左を固めて頭で当たり朝乃山は右を固めて左を差しにいき右四つに組み合い朝乃山は前に前に攻め土俵際竜電は回り込んで残し朝乃山は更に前に攻め上手引き寄り切って勝負を決める。朝乃山は休まず先に先に攻め、そして攻めながら自分の形になりいい相撲でした。

御嶽海(6勝3敗)● ― ○阿炎(4勝5敗)

立合い阿炎は両手突きでいき御嶽海は踏み込んで下からはねあげ阿炎は直ぐに引いて右に回り込みながら右で上手を引き上手投げで勝負を決める。阿炎は思い通りの相撲が取れたのではないでしょうか。ただ、私は阿炎の突いて攻める相撲が見たいですね。

逸ノ城(6勝3敗)○ ― ●白鵬(8勝1敗)

立合い横綱は右を差し逸ノ城は左で上手を引き攻めながら右で前廻しを引いて更に攻め土俵際横綱はなんとか残そうとするが逸ノ城は右を差して体を密着させ寄り切って勝負を決める。逸ノ城は上手早く引き攻めたのが良かったですね。また上手の位置もよく横綱の下手をころしていたのが良かったですね。横綱の昨日までの取組を見ても力強さがあまり感じなく小手先の上手さでしのいでいるように感じる。今日はそれすら見られなかった。

鶴竜(9勝0敗)○ ― ●明生(2勝7敗)

立合いお互い頭で当たり横綱は右で前廻しを引き左ノドワで攻め左四つに組み合い下手も引き引き付けて前に攻めながら右から外掛けをかけ更に攻め寄り切って勝負を決める。横綱の方が1段低く当たり両廻しをがっちり引かれては何も出来ませんね。明生は頭で当たっているのですがその後差しに行った時に体がのびているような気がします。そして下半身の送りが遅いように感じます。

P.S. 横綱鶴竜が9連勝!横綱白鵬が1敗になり追いかける形となり面白くなって来ましたね。横綱白鵬がこのまま後退するのか、それとも巻き返すのか?それでは又、明日!

浪乃花 教天(なみのはな かずたか)
1969年3月19日生/青森県出身

1984年(昭和59年)二子山部屋入門
1984年(昭和59年)5月場所 – 初土俵
1990年(平成2年)11月場所 – 新十両
1992年(平成4年)9月場所 – 新入幕
1994年(平成6年)11月場所 -敢闘賞受賞
1995年(平成7年)3月場所 東小結昇進
1997年(平成9年)3月場所 – 引退

バックナンバーはこちら >>