「緩急自在」(飯島智則)

今回、飯島さんにコラムの連載の件を相談したら、なんと本人が快く引き受けてくれました。
飯島さんは、私がベイスターズ現役時代に、ベイスターズ担当の日刊スポーツの記者でした。年齢も近く話しやすいこともあり、色々と喋ってしまった事を覚えています。
また、飯島さんに「イップス」に関する取材を受けたことで、また何年振りかに彼と繋がりました。
そして、アスリート街.comのコラムを書いて頂くことになるとは、縁って素晴らしいですね!
昔の出来事や、現在の色々な競技の話を連載してくれるそうで、私も楽しみです。
皆さんも楽しんでくださいね!
中根

飯島 智則 Iijima Tomonori
日刊スポーツ記者

1969年(昭44)横浜市生まれ。93年に日刊スポーツ新聞社に入社。96年から野球担当になり、98年は38年ぶりの日本一に輝いた横浜(現DeNA)を担当。00年には巨人担当としてONシリーズなども取材した。03年から2年間は大リーグ担当として松井秀喜選手に密着。05年からはNPB担当として球界再編騒動後の諸問題を取材した。11年から7年間、野球デスクとしての内勤を経て、17年末から再び現場取材を始めた。ネットで「イップスって何?」「引退後の世界」を連載。ベースボールマガジンでもコラム「魂の活字野球学」を連載している。

タイトルとURLをコピーしました